2015年5月12日火曜日

多年生化したヒシモドキ(栽培下にて)

5月7日

神奈川の実家に帰省した際、睡蓮鉢で栽培しているヒシモドキTrapella sinensis(オオバコ科(以前の分類ではヒシモドキ科orゴマ科))の様子を観察した。
以前に大学の友人に分けてもらったものだ。


水温が上昇し、成長を始めたヒシモドキ。観察したところ、種子から発芽した実生個体と越年した個体の2つがあることに気がついた。


実生個体。

棒状の子葉(双葉)が目立つ。


越年個体。

前年に成長した茎の節から新しい芽を吹いている。現時点では実生個体よりも弱々しい姿だが、この後どのように成長するのだろうか。





ヒシモドキが一年生草本であるか、それとも多年生草本であるかは図鑑によって記述が異なり、たとえば「日本の野生植物 草本Ⅲ 合弁花類 (平凡社)」では多年生、「日本水草図鑑 (文一総合出版)」や「日本水生植物図鑑 (北隆館)」では一年生、とされている。

野外に置いた睡蓮鉢の環境は、温度などの点で自生地とそれほど差はないと思われ(厳寒期には何度も氷が張った)、ヒシモドキは野生下でも植物体の一部が越冬し、多年生草本としてふるまう可能性は十分にあると思われる。
しかし、多くの多年生水草に見られるような殖芽※を作るわけではないし、実生個体の方が勢いよく成長しているところを見ると、水草に特化した図鑑に書かれている通り、基本的には一年生草本として振る舞う植物なのではないかと思える。そのうちに自生の姿を見てみたい。


※殖芽(turion)は、越冬などのために特殊に変化した植物体の一部(分かりやすくいえばイモや球根)のうち、水草が作るものを指すそうです。正月に食べるくわい(慈姑)も、クワイというオモダカを作物化した植物の殖芽に当たります。
殖芽はイモ状のもの(オモダカ、ヒルムシロ等)に限らず、茎の先端に葉が密集したもの(タヌキモ、マツモ等)など、多様です。しかし、ヒシモドキの場合、越冬した茎はあまり特殊化したものには見えず、殖芽とは言い難いように思います。

<引用・参考>
角野康郎 1994. 日本水草図鑑. 文一総合出版, 東京.
角野康郎 2014. 日本の水草(ネイチャーガイド). 文一総合出版, 東京.
大滝末男, 石戸忠 1980. 日本水生植物図鑑. 北隆館, 東京.
佐竹義輔, 大井次三郎, 北村四郎, 亘理俊次, 富成忠夫 1981. 日本の野生植物 草本 Ⅲ合弁花類. 平凡社, 東京.



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ランキングに参加しています。

0 件のコメント: