2014年9月21日日曜日

植物検疫 オーストラリアから日本への持ち込み

※2014年9月時点での情報に基づいて書いているため、現在は状況が異なるかもしれません。
正確な情報については、植物検疫所のホームページ等を確認してください。

9月18日

約3週間のオーストラリア旅行を終えて帰国しました。
旅行中も更新を続けていく予定でしたが、忙しさとパソコンの不調で滞ってしまいました。これから少しずつ書いていきます。


西オーストラリア州パース郊外の園芸店(nursery)の種子販売コーナーにて。


左右の大きな棚が野菜の種子で、その間のコーナーが西オーストラリア原産の植物の種子。。
山野草店を除く日本の園芸店で見られる在来の野草というと、せいぜいキキョウやリンドウ、それからオミナエシやカワラナデシコといったところだろうか。それと比較すると非常に大きな売り場だった。

以前からオーストラリアの植物に関心があった僕は、いくつか購入した。


購入したのは
Xanthorrhoea preisii(ススキノキ科) 和名ススキノキ Grass Tree。
Nothofagus cuninghamii(ナンキョクブナ科) 和名ナンキョクブナ(の一種) Myrtle Beech。
Swainsona formosa(マメ科) Sturt (Desert) Pea。
Rhodanthe chlorocephala(キク科) Everlastings。

その他に※市街地で採取したもので
Schinus areira (S. molle var. areira)(ウルシ科) ピンクペッパー、コショウボクと呼ばれる仲間。南米原産
Tipuana tipu(マメ科、ジャケツイバラ科) Rose woodとして木材利用される。南米原産。
以上が種子。

・Melilotus sp.(マメ科) 日本にも同属のシナガワハギなどが帰化。
・Trifolium tomentosum(マメ科) 日本にも同種と思われるものが帰化していて和名フウセンツメクサ。
・Erodium sp.(フウロソウ科) 日本にも同属でツノミオランダフウロなどが帰化。
・Cotula sp.(キク科) 日本には同属でオーストラリア原産のマメカミツレが帰化。
これらは土のついた根を切り取って乾燥標本にした。

(※オーストラリアでは動植物の採取は国立公園や自然保護区などにおいて厳しく規制されているが、市街地の道端などではその限りではないらしい。もっとも、市街地であっても在来種が生えていることはあり、種ごとによって扱いが異なるのかは分からない


ところで、海外から日本に植物を持ち込む際は生の植物体、乾燥植物、種子のいずれの場合も植物検疫での申告が必要となる。植物検疫を受けるのは初めての経験で、若干緊張をしながら準備を進めた。
主に参照したのは日本の植物検疫所のホームページ、それからCITES(日本ではワシントン条約として知られる)のホームページ。

まずは、各植物種(もしくは属)が規制対象になっているかを検疫所の「輸入条件に関するデータベース」から検索。
上記6種のうち4種は通常検査でOK。RhodantheTipuanaはリストに表示されなかった。
 
次に、CITESのページでリストにかかる種がないかを検索。該当種はなく一安心。
(ちなみに、普通に園芸店で売られる植物の中にも、例えばドラセナ(Dracaena)やエアープランツの一種Tillandsia xerographicaのようにCITESの指定種が含まれており、これらは国内移動は可能でも国間での移動には許可証が必要。お店で買ったものなら問題なく日本に持ち込めるわけではない。)

僕が悩んだのは、植物検疫のリストに載っていない植物があったこと、それから事前にオーストラリアの検疫所で検査を受けて検査証明書をもらう必要があるのか、それとも必要ないのか、ということの2点。
まずリストに載っていない植物については情報がないので、とりあえず持ちこむことにした。

それから検査証明書についてはページによって記述が異なっていた。
「輸入条件に関するデータベース」で各種について検索すると、条件のひとつに”輸出国政府機関が発行した検査証明書があること”、と記述されていた。一方、「旅行者(携行品)・郵便物」のページには証明書が必須である、とは書かれていなかった。自分の場合は旅行者携行品に当たると考え、現地の検疫所を訪れることなく日本の空港に向かうことにした。

関西国際空港に入港。入国審査を終え、荷物を受け取ってから植物検疫コーナーに向かう。
検疫を受ける前には、事前に申告書に持ちこみ品目の種類と個数を書き、それを検疫コーナーに持っていく必要がある。
植物に関するものは念のため検疫を受けた方がよいだろうと、木製品のブーメランとディジュリドゥも持っていくことにした。

植物検疫担当の方は1名。他に検査を受けている人はおらず、並ぶことなく検査開始。

まず、木製品については持ってきたものについては検査対象外とされた。
次に検査官は種子の袋をカッターでひとつずつ開封し、中を確認。採取した種子や乾燥標本はティッシュや紙に挟んでいたので、それも開封して中を確認。中を確認ののち、切り口に「植物検疫 Plant Quarantine」とプリントされたシールで封をし、まとめて入れておいたビニール袋に検査合格証印を押した紙を貼られて終了。
10分程度で検査は終わった。


検査中に科名や属名を聞かれたので、事前にメモした紙を見ながら回答。その他に、特定外来生物に当たるような種はないかと聞かれたので、ないと回答。 

検査終了後、入国前に悩んでいた2点について質問。
まず、データベースに載っていない種については、通常検査でOKな種と同じ扱いでよいとのこと。
検疫では日本の農林業に悪影響を及ぼす病虫害の侵入を防ぐのが主な目的であるから、「許可された植物しか持ち込めない」ではなく、「何らかの形で規制された植物は持ちこんではいけない」と考えた方が適当なのだろう。(ちなみに、植物検疫所のデータベースにはCITESは反映されていないようなので、注意が必要である)

それから、現地国の検査証明書については本来どんな場合であっても必要なのだが、商業・研究利用目的でない旅行者の少量の携行品(お土産など)であれば、証明書はなくても大丈夫、とのことだった。

検疫を終えると次は税関。検査を受けた植物を見せる。
税関では麻薬取り締まりなど異なる観点から検査を受ける。コショウボクのタネが袋越しに大麻の種子などに見えたのか開けて見せるように指示されるが、他は問題なく終了。趣味でタネを持ってきた、と言うと、変わったやつだなという風な顔をされた。
以上で全ての検査が完了。


検疫官の皆様、日々のお仕事お疲れ様です。


参考
・植物検疫所 ホームページ
http://www.maff.go.jp/pps/index.html (2014年9月21日現在)

・CITES ホームページ(英語)
http://www.cites.org/ (2014年9月21日現在)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ランキングに参加しています。

2014年9月2日火曜日

8月26日 西オーストラリア パース(Perth)の雑草

8月26日
学会と旅行のため、オーストラリアを訪れている。

オーストラリアはコアラやカンガルーなどの動物だけでなく植物も固有のものが多い。
例えば、ヤマモガシ科(バンクシア属など)やマメ科(アカシア属など)、フトモモ科(ユーカリ属など)は多様な種に分化していて、それらによって形作られる景観は日本とは全く異なるものである。


一方、市街地を歩くと道端には見覚えのある植物が目立つ。
上の写真は芝生地を撮影したもので、セイヨウタンポポ、オランダミミナグサ、シロツメクサなど日本でもおなじみのヨーロッパ原産の草本が生えていることが分かる。

街を歩いていると、他にも様々な草本に出会った。

Poa sp.(イネ科)

スズメノカタビラに似た草本。

Cardamine sp.
(アブラナ科)

タネツケバナの仲間。
日本においてはミチタネツケバナ(C. hirtsuta)やコタネツケバナ(C. debilis)が帰化種として知られている。

ノボロギク
Senecio vulgaris (キク科)

日本でもよく見かけるノボロギクと思う。

チャボタイゲキ
Euphorbia peplus
(トウダイグサ科)

日本にも帰化しているが、それほど多くは見られない(と思う)チャボタイゲキ。
ここパースでは数多く見られた。



同じトウダイグサ科ではホルトソウ(Euphorbia lathyris )と思われるものもあった。

ニセカラクサケマン?Fumaria capreolata (ケマンソウ科orケシ科)

こちらも日本ではあまり一般的でないニセカラクサケマンと思われる植物。
パースにおいては特に目立つ種の一つで、公園や道端のあちこちで繁茂していた。


本種を含むFumaria属のうち、日本には本種とカラクサケマン、セイヨウエンゴサクがヨーロッパ原産の帰化種として侵入しているらしい。

上で紹介した他にもノゲシ、ヨツバハコベ、タチイヌノフグリ、カラスムギの仲間、チチコグサの仲間などが見られた。

今回観察した道端の草、いわゆる雑草が日本で見られるものと同種なのか、それとも同属の別種なのかは、しっかりと種同定を行っていないので分からない。少なくとも、日本でもよく見かけるヨーロッパ原産の草たちが帰化しているのは間違いなさそうだ。
雑草として生えていたもののうちオーストラリア原産の種はマメカミツレくらいで、しかも本種は日本でも目立つ帰化種の一つである。パース市内の雑草はほぼ帰化植物で占められていると言ってよいと思う。

日本から遠く離れた地でも、同じ温帯域であれば市街地に現れる植物はそれほど変わらないことを実感した。むしろ、一部に在来種を含む日本の雑草群よりも、より帰化種の存在を強く感じた。

オーストラリアにおいて8~9月は春に当たる。日本においても春季の雑草にはヨーロッパ原産の帰化種が目立つ。
一方、日本では夏になるとセイタカアワダチソウやオオアレチノギクを始め、北米大陸や熱帯域からやってきた種が多くなる。パース市の夏季の雑草がどのようなものか気になるところである。



最後に西オーストラリアらしい植物をひとつ。

Kings Parkで見かけたCaladenia latifolia(ラン科)。
現地ではPink fairyと呼ばれている。


オーストラリア在来の植物についても写真を整理し次第紹介したい。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ランキングに参加しています。